後悔しない薬剤師の転職のためのポイントとは

条件に優先順位をつけることが大事

薬剤師の私が転職をしようと考えた理由 : 後悔しない転職活動のために : 条件に優先順位をつけることが大事

なお、条件を多くしすぎてしまうと希望する求人情報を見つけることができないこともあります。
そのため、希望する条件に優先順位をつけることも大事と思います。
私の場合はワークライフバランスを最重視したことから、勤務地が近いことを最優先としました。
そのため、面接試験のときには異動があるかないかという、自分に必要な情報をこちらから質問しました。
もちろん、面接官から質問された場合は自分の希望を正直に伝えることが大事です。
ドラッグストア勤務を希望する場合は異動のことについて考えておく必要があるかもしれません。
また、勤務時間についても私は意識しました。
家庭のことがあるので、できるだけ勤務時間について柔軟に対応してもらえるような薬局を希望しました。
もちろん、第一条件で勤務地が近いことがあったことから、夜遅くなる勤務については問題がないことを伝えました。
優先順位をつけることによって、その条件が満たされれば他の条件についても満たされることがあります。
そういった観点から考えてみることも大事なことと思います。
このように後悔しないためには基本を構築することと、条件に優先順位をつけることが大事なことと感じました。
そこから志望動機など面接試験対策を考えていけばよいと思います。