後悔しない薬剤師の転職のためのポイントとは

薬剤師の私が転職をしようと考えた理由

薬剤師の私が転職をしようと考えた理由としては、まず生活環境が変わったことが挙げられます。
家を購入したことによって、通勤先の薬局への通勤に時間がかかるようになりました。
また、子供を育てながらの通勤であることから、勤務についても制約が生じました。
昼間の時間の仕事のみではなく、夜の時間の仕事もあり、夜の時間の仕事をすることが難しくなったことから、同僚や職場の仲間に負担をかけてしまっていました。
また、調剤薬局での勤務でしたが、一ヶ所の調剤薬局で取り扱う薬剤はどうしても偏りが出てきます。
せっかくなのでさまざまな薬剤を取り扱ってみたいという思いがあります。
さまざまな薬剤を取り扱ってみることによって、薬剤に対する知識を増やすことができます。
この2点を重視して転職先を探すこととしました。
この、なぜ転職したいかということを考えることが基本であると思います。
実際に活動を開始すると、内定をもらいたいために本当に転職したい理由を忘れてしまうことがあります。
そうすると、せっかく時間をかけて活動したにも関わらず満足することができないということも考えられます。

薬剤師の私が転職をしようと考えた理由 : 後悔しない転職活動のために : 条件に優先順位をつけることが大事

薬剤師の転職、公開したくない方はコチラ乙女ゲーみたいな転職サイト